敬称と肩書きは失礼のないように。

敬称と肩書きは要注意。

 

 

 

年賀状を出す相手
親戚、友人、知人など
様々だと思います。

 

なかでも目上の方や
仕事でお世話になっている方には
失礼のないようにしましょうね。

 

特に
敬称や肩書きには
注意が必要ですよ。

スポンサードリンク

 

敬称と肩書きの選び方。

 

敬称は宛名につけますが、
一般的に「」は誰にでも使えます。
そのために「様」が無難でしょうね。

 

それでも、「先生」を、
使うべき場合があります。

 

恩師、医師、弁護士
政治家宛の場合は、
「先生」が一般的です。

 

 

宛名には、「様」が無難です。

 

 

殿は目下の人に使う敬称。

 

ただ最近は、
殿」って、
公務でも使われなくなりました。

 

そういえばあまり見ませんよね。
年賀状に限らず、
避けた方が良いかもしれません。

 

また、企業や団体、
部署などの組織宛に、
出す場合は御中とします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

肩書きは要注意です。

 

さらに組織の中の、
個人宛に出す場合は、
必ず肩書きをつけましょうね。

 

「部長 ○○様」と書きます。

 

「××株式会社御中
部長 ○○様」よりは、

 

××株式会社 
部長 ○○様
」にしましょう。

 

肩書きには敬称はつけません。

 

「○○社長様」や、
「○○部長様」とは、
書かないようにしましょうね。 

 

それと注意すべきことは、
肩書きに変更があった時です。

 

必ず現在の肩書きを、
調べて書きましょうね。

 

私もこれで失敗しました。

 

お世話になっている方に、
年賀状を出した後で、
気づいたことがあります。

 

新年のあいさつにも行った時に、
肩書きの変更に、
気づきいたのです。

 

そこで、あわてて、
失礼をわびたことがあります。

 

 

肩書きを間違ってお詫びしました。

 

 

家族あてに出すとき。

 

家族全員宛の場合は、
ご一同様と書きましょう。

 

夫婦宛に出す際に、
婦人の名前がわからないとき時は、
御奥様と書きます。

 

また連名にする場合は、
それぞれの名前に、
敬称をつけるようにします。

 

皆さんも参考にして、
間違いのない敬称と、
肩書きをかきましょうね。

 

年賀状のマナー講座

 

年賀状を書く時の、
マナーって大事ですよね。
他のマナーの記事ですよ。

 

2019年猪年 年賀状のマナー

 

年賀状を書く合間に、

ご覧いただければ幸いです。

 

鹿児島の御朱印ボーイ
鹿児島、他の神社仏閣の、
御朱印を紹介しています。

鹿児島の御朱印ボーイ 南九州の寺社巡り

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方  観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

 

スポンサードリンク