うし年の年賀状、天神様のうしたちの写真を使って年賀状を作る。

天神様のうしたちの写真を使って年賀状を作る。

 

秋になると、
すぐに年末が近くなります。
年末といえばお正月ですね。

 

お正月といえば、
年賀状の準備はお済みですか。
来年は2021年になります。

 

干支はうしですよ。そう丑年ですね。
年賀状のデザインに
うしの写真を使ってみませんか。

スポンサードリンク

 

牛の写真を使って年賀状を作ります。

 

来年の年賀状を作る際に、
干支の写真を使ってみたいと、
思ったことはありませんか。

 

2021年の年賀状に
牛の写真を使いたいと、
思う方もいるのではないでしょうか。

 

でも牛の写真を撮ると云っても、
牛さんは動物園か牧場にいかないと、
なかなか牛さんは見られませんよね。

 

 

牛のイラストを使った年賀状も良いけどね。

 

 

牛を求めて菅原神社に行きました。

 

そんな時に、
牛の像を見られるところがあります。
それは神社の境内です。

 

神社といっても、
天神さんの神社か、
菅原神社と呼ばれるところです。

 

ここは菅原道真公を祀る神社です。
全国の各県に必ず、
菅原神社はありますよ。

 

 

菅原神社か○○天神は各県にあります。

 

 

菅原神社には牛がいます。

 

菅原神社のご祭神の、
菅原道真公は牛とは深い縁があり、
神社の境内には牛の像があるのです。

 

 

菅原道真公に深い縁がある牛です。

 

 

どこでも牛の像があるとは限りませんが、
大きな天満宮や菅原神社には、
どこかに牛の像があると思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

大宰府天満宮は菅原道真公を祀ります。

 

福岡太宰府市にある、
大宰府天満宮は菅原道真公を、
祀る大きな神社です。

 

 

大宰府天満宮は菅原道真公を祀ります。

 

 

ここにも牛の像があります。
この像を写真に撮って、
年賀状に使ってみてはどうでしょうか。

 

 

大宰府天満宮にもやっぱり牛がいました。

 

 

米ノ津天神の牛さんです。

 

私の住んでいる鹿児島にも、
菅原神社があります。

 

そんな中で米ノ津天神に、
参拝した時にいたなで牛さんです。
撫でると願いが叶うと云われます。

 

 

撫でると願いが叶う「撫で牛」もいます。

 

 

年賀状に使ってみませんか。

 

牛は農業や物を運ぶなど、
人々の暮らしに役立ってきました。
また神の使いとも考えられています。

 

 

牛は神の使いとも考えられました。

 

 

来年の干支でもある牛が、
神の使いであれば、めでたい新年の、
年賀状に相応しいかも知れませんね。

 

もし近くの天神様に牛がいたら、
写真に撮って、年賀状のデザインに、
使ってみるのも良いかも知れませんよ。

 

年賀状のマナー講座

 

年賀状を書く時の、
マナーって大事ですよね。
よかったら参考にして下さいね。

 

 

2022年(令和4年)寅年の年賀状マナー

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

年賀状を書く合間に、

ご覧いただければ幸いです。

 

鹿児島の御朱印ボーイ
鹿児島、他の神社仏閣の、
御朱印を紹介しています。

鹿児島の御朱印ボーイ 南九州の寺社巡り

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方  観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

 

 

スポンサードリンク