とり年やいぬ年の年賀状のあれこれ

2017年のとりの年賀状。

 

 

 

ここでは、今までに出した、
年賀状について、
色々と紹介しています。

 

特に、酉(とり)と犬(いぬ)が、
干支であった年の年賀状の、
あれこれと記事を書いています。

 

2019年のいのしし年の年賀状の、
参考にして下さいね。

 

スポンサードリンク

とり年やいぬ年の年賀状のあれこれ記事一覧

1年って早いですよね。この前まで暑いなあ、なんて言っていたのに。秋の季節がなったかと思うと、クリスマスやお正月の足音が聞こえてきました。お正月といえば、年賀状の準備に取り掛かる時期になってきました。となると、やはり来年の干支(えと)が気になる所です。来年の2017年の、干支は酉(とり)になります。ここでは、干支の酉(とり)について、色々と紹介していきたいと思います。

2017年の干支は酉(とり)です。酉とは鳥のことですよね。一般的にはにわとりのことになります。ですから年賀状のデザインにはにわとりの絵や写真を入れて準備をしているのではないでしょうか。ところで酉年ってどんな年になるのでしょうね。ここでは酉年の特徴についてお話したいと思います。

2017年の干支は酉(とり)になります。そう酉年ですよね。酉年ということで酉にちなんだものを紹介したいと思います。そこで「酉の市」がおこなわれる神社を紹介しますね。

いよいよ12月に入りましたね。師走(しわす)になると何かと忙しくなります。今年中にしなければならないこと色々とありますよね。そのなかでいつも後回しになってしまうものがあります。それは年賀状の準備です。

いよいよ今年も残すところわずかになりましたね。ところでもう年賀状の準備は済んでいるでしょうか。来年の2017年の干支は酉(とり)ですね。つまり鳥です。年賀状には鳥のデザインを入れて作っていると思います。

秋になると、すぐに年末が近くなります。年末といえばお正月ですね。お正月といえば、年賀状の準備はお済みですか。来年は2018年になります。干支は犬ですよ。そう犬年ですね。年賀状のデザインは、どんな犬を使って作りますか。

1年が経つのは早いものです。もうクリスマスやお正月が、気になる季節になりました。お正月に届ける、年賀状の、準備をそろそろしなくてなりません。来年の2018年は、犬年になります。干支では、戌(いぬ)という字を使います。ところで「戌」の文字が気になります。なぜ犬は干支では、「戌」と呼ぶのでしょうね。

1年がたつのは早いものですね。ことしもあっという間に12月になりました。12月になると何かと忙しくなります。新しい年の準備もボチボチと、始まっているのではないでしょうか。準備と言えば年賀状はいかがですか。来年の2018年の干支は犬年ですよ。郵便局では、2018年の犬年の年賀はがきが、様々な種類が発売されていますよ。

そろそろ年末の足跡が、聞こえる時期になってきましたね。年末といえば年賀状はどうされますか。毎年のことですが、郵便局の年賀はがきは、11月1日より発売開始ですよ。来年は犬年になりますので、年賀はがきのデザインには、犬が使われています。

12月になると師走と言うぐらいですので、何かと忙しくなりますよね。忘年会に大掃除、それにクリスマスがきます。すると、すぐにお正月です。お正月といえば、お節料理に、お年玉、それに年賀状ですよね。

今年も、年末の足音が聞こえる、時期になったきましたね。年末といえば、年賀状の準備をしなければなりません。どんな年賀状を送ろうかと、考えちゃいますよね。ことしも郵便局では、様々なデザインの年賀状を、用意してあります。

毎年日本郵便から様々な年賀はがきが発売されています。ことしもハローキティ年賀が発売されますよ。ハローキティー年賀は、かわいさが受けて、意外と人気なのですよ。

スポンサードリンク