2021年(丑年)の日本郵便の年賀はがき

2021年の日本郵便年賀はがき

 

ことしも日本郵便から、
様々な年賀はがきが発売されました。

 

ここではそれらの年賀はがきや、
郵便局について紹介しています。

 

今年も定番の年賀はがきから、
社会貢献できる絵入りの年賀はがき、
人気のキャラクター年賀もありますよ。

スポンサードリンク

2021年(丑年)の日本郵便の年賀はがき記事一覧

2021年(令和3年)の、年賀状の準備はできましたか。ところで今鬼滅の刃が人気ですね。年賀はがきにもキャラっクター年賀として、鬼滅の刃のデザインが登場しました。日本郵便の鬼滅の刃の年賀はがきを購入しようと、近くの郵便局に行ってきました。

そろそろ年賀状の、準備をする時期が、近づいてきましたね。郵便局の年賀はがきは、11月1日より販売されますよ。今年も様々な年賀はがきがあります。2021年のうし年の、無地の年賀はがきを紹介しますね。

みなさん、早いもので、もうすぐ、年末が近づいてきますね。年末になると、年賀状の準備などが浮かんできます。私は郵便局の年賀はがきを利用します。今回も、郵便局では様々な、年賀はがきが用意されています。

いよいよ12月に入りました。12月は師走というぐらいですから忙しい月です。ゆっくりしているといつの間にかすぐに年末になってしまいますよ。今日は私の住んでいる鹿児島中央郵便局に年賀状を買いに行きました。

みなさんは今年の年賀状はもう出しましたでしょうか。私もそろそろ出さなくては思い近くの郵便局に年賀はがきを買いにいきました。近くの郵便局は団地内にあるせいかこじんまりとした小さな郵便局なのです。

もう11月に入りました。11月になると年末に向けての、様々な動きが出てきました。各地でクリスマスの、イルミネーションの点灯式の、話題がニュースで流れたりします。またクリスマスケーキや、お正月の「おせち」の予約受付が、始まったりしています。

こんにちは、1年が経つのは早いものですね。そろそろ年賀状の準備をする季節になりました。来年の2021年は、うし年になります。干支では「丑」と書きます。ところでなぜうしを、干支では「丑」と書くのでしょう。また「丑」はどんな意味なのでしょう。

いよいよ今年も残すところわずかになりましたね。ところでもう年賀状の準備は済んでいるでしょうか。来年の2021年の干支は丑(うし)になります。年賀状には、牛の絵柄を入れて作っていると思います。

スポンサードリンク